始めたばかりのため10円となっております。が、購入可能金額が50円からとなっているため5つ以上カートに入れてご購入ください。

小さい紙袋の作り方を動画にしました

髪はA4サイズのコピー用紙を使用しています。

ここからは、小さい紙袋の作り方の補足の記事になります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紙袋の型紙はこちらで購入できます

↓↓↓

小さな紙袋・ダウンロード素材 – mogmogの素材屋 (maamogmog.com)

ダウンロードした展開図の実線を切り取ります。直線の実のため定規とカッターを使うときれいにできます。

定規はカッターが当たっても削れない鉄製の物を使用します。

先のとがった物と定規で点線に折り線を付けていきます。道具によっては紙に穴が開いてしまうので注意して行ってください。

横にした状態で、横線の点線箇所を2か所強めに折り曲げてから開きます。

袋になるように残りの点線を折り曲げていきます。

重なる「のりしろ」部分を接着します。

点線に沿って写真のように開きます。

点線が付いていませんが、接着するときはしっかり開ききった方がきれいに仕上がります。

袋の上の部分を内側に折り曲げます。

持ち手を付けるのでシッカリ曲げます。

持ち手は2つ一緒に、先のとがった物で折り線を付けてから二つに切ると楽に作れます。

幅の短い方が内側になるように接着します。

お好みの幅で持ち手を作ります。

袋の内側に、持ち手を付けて完成です。

持ち手はお手元にあるリボンなどで作っても可愛いと思います。

縦長タイプの紙袋です

A5サイズのコピー用紙を使い後ろの高さ10㎝程の紙袋に

はがきサイズのコピー用紙を使い手前の高さが7㎝程の紙袋が出来上がります。

一番手前は薄いクラフト紙を使用しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です